料理用のワインをスーパーで購入しました

ソムリエになったつもりで飲み比べをしてもよいかもしれません

ワイン通販 | ワイン通販ならフィラディスワインクラブ

料理用のワインを購入するときに気を付けていること / 開封してから酸化しやすいので早くに使い切ることが大切 / ソムリエになったつもりで飲み比べをしてもよいかもしれません

もちろん、ただ、飲むだけでもほかのお酒と違って非日常的というか贅沢した気分になるのもよいでしょう。
最近では、フランスやイタリア産のモノだけではなくて、チリやオーストラリアなど世界各国のものを楽しめるようになりました。
もちろん日本産のものもおいしいですが、それぞれの国によって微妙な味と香り、風味の違いがあります。
それを、一人ソムリエになったつもりで飲み比べをしてもよいかもしれません。
私の自宅近くのスーパーでも多くの種類があり、見ているだけでも楽しい気分になります。
瓶を手に取り、「どこの国ものだろう」「どこのブドウを使っているのかな」と瓶を眺めることで情報を収集することもできます。
ここ最近の流行りといえば、夕食の後で子供たちの宿題を見て、入浴、就寝した後で大人二人だけで飲むことです。
夏の季節ならば、ベランダの専用の椅子に座りながら夜空を眺めて飲むのです。
そうすることでお家にいても、素敵に時を過ごせます。
私が愛読している本にはフランス人はこうして夫婦二人の時を大切にしていると書かれていました。
曽於の日に起こった何気ない出来事や子供の話など、普段はお互いに忙しくてなかなか話せないようなこともお時間帯に話しておくことで、夫婦関係もよくなった気がします。
子供と過ごす時間も宝物ですが、いつかは成長して子供も巣立っていくのです。
夫婦の二人の生活になれることも大事でしょう。
この時間に飲むときに少しだけ「つまみ」も用意しています。
ワインに合うつまみはネットなどで検索して作るようにしており、自分では思いつかないようなアイデアもあって参考になります。
個人的にはチーズ系のおつまみが好きです。
チーズをそのまま食べてもおいしいのですが、アルミホイルで包んでオーブンで焼いたものを醤油を垂らして食べるとコクが生まれて最高のおつまみになります。
料理用として、普段の飲み物としてどちらとしても使えるものを用意すれば、いつでも好きな時に楽しむことができるでしょう。